きれいなバストアップをするための法則

きれいなバストアップをするための法則

 

きれいなバストアップをするための「おっぱい体操」を意識して取り入れるためには、毎日、意識してケアを続けることが必要です。美しいバストは、適度に筋力と脂肪で弾力があり、胸にたるみがなく、自然に美しく見えるという効果があります。

 

きれいなおっぱいのための法則は次の5つをあげることができます。

 

1、見た目の血色がよい。
血色を良くするためには、体液の循環が良いことが必要です。毎日の生活管理と、バランスのよい食事、バストアップのためのおっぱい体操を続けて下さい。

 

2、リンパや血液の循環がよい
血液の流れがよい状態です。ブラジャーなどで過度に圧迫されていないことが大切です。

 

3、ゆったりとゆれる胸
血液やリンパの状態がよく、バストに負荷がかかっていない理想的な状態です。

 

4、ハリのあるたれていない胸
靭帯の弾力の低下でバストが垂れてしまうことがあるので、おっぱい体操などでハリのある胸を目指してください。

 

5、バストが広がり過ぎていない

 

360度に自在に動く、ゆったりとしたバストで、左右に余計に広がりがないことが条件です。

 

このように、おっぱい体操を通して、理想的なバストアップを目指し、意識して日々の生活すれば、自身のある「バスト」を手にいれることが出来ます。