基本的なおっぱい体操を取り入れよう

基本的なおっぱい体操を取り入れよう

 

胸にハリを取り戻そうと思った場合、毎日継続して「おっぱい体操」「バストアップ体操」を続けることが大切です。日々、意識して継続しないと、なかなか続かないのが体操の難しいところ。仕事が終わった後など、決まった時間に継続して続けることで、理想的な胸に近づくことができます。
大切なことは「おっぱい体操」の順番をしっかりと守って続けることです。時間がないときでも焦らず、ゆっくりと継続して行えば確実に、ハリのある胸に近づくことができます。おっぱい体操の順番は次の通りです。

 

1、腕、腹筋のストレッチ

 

腕全体をねじる、のばすの動作を繰り返します。この動きで胸の周辺にあるリンパの働きを促します。

 

2、上腕、胸、背中のストレッチ

 

バストにつながる各筋肉の部位を伸ばすことによって、効果的にバストに働きかけます。肩甲骨を伸ばすことで、弾力のある胸を作り出せます。

 

3、肩、背中のストレッチ

 

肩から背中までを広範囲で動かすことで、体をほぐす働きを期待することができます。

 

4、バストを揺らす

 

手でゆったりとバストをゆらすことで、バストを刺激して美しいハリのある胸を作り出します。

 

 

基本的にバストアップ体操はこの1から4の動作を継続して時間をかけて行うことで、理想的な胸を作り出すことを目的とします。