喫煙や飲酒の習慣はダイエットとバストアップの大敵

喫煙や飲酒の習慣は女性ホルモンの分泌を不規則にするので、バストアップの妨げになります。これらの習慣がある人は、出来る限り美容のためにも極端な喫煙な飲酒は避けるようにしてください。出来ることであれば、喫煙はなるべくしない、飲酒は控える、などの生活習慣を改善するようにするとよいでしょう。

 

喫煙に対しては、次の方法で症状を緩和することができます。

 

1、喫煙の衝動を出来る限り少なくする
喫煙するための煙草、ライターを持ち歩かないようにする、習慣として喫煙をしないように意識する。たばこを購入しない、などの物理的な方法で確実に喫煙する回数を少なくすることができます。

 

2、極端な飲酒を減らす
アルコールは非常に依存性が強く、再度、飲みたくなるなど、すぐに依存してしまう危険性がある薬物です。自分で出来る限り抑止できるように、生活習慣全体を改めるようにしてください。また、付き合いの酒も極端に飲まないように、自制した生活が大切になります。

 

習慣として、飲酒が多くなってしまう人は、アルコールに依存しやすくなってしまうので、生活全般を見直すようにすれば、アルコールの依存をかなり減らすことができます。