女性ホルモンの分泌不足でバストアップの阻害に

女性ホルモンの分泌不足でバストアップの阻害に

 

女性ホルモンの分泌が悪くなると、バストアップに非常に悪い影響が現れてしまうことがあります。特に現代の生活は、バストアップを阻害する要因が多いので、普段の生活から気をつけることが大切になってきます。女性ホルモンの分泌が悪くなる要因として次の項目があります。

 

1、運動不足
 仕事や家事などに追われて生活がワンパターンになりがち。自分で意識して体を動かすように。

 

2、体内にたまる毒素
 喫煙やアルコール、食品に含まれる添加物などが女性ホルモンの分泌に悪影響を与えます。

 

3、ストレス
 仕事や人間関係、家庭のトラブルによって、ストレスをためやすくなっています。

 

4、不規則な食生活
 外食やコンビニエンスストアの食事などで食生活が荒れてしまうことがあります。

 

5、食事の西洋化
 高カロリー、高タンパク質の食事で自然とカロリーが高くなってしまう食事が当たり前になってしまっています。

 

6、ファッションの変化
 ブラジャーやハイヒールなどで体が圧迫されてしまう生活が当たり前になってしまい、窮屈な生活が多くなってしまっています。

 

 このような生活を解消するためには「女性らしい」生活を意識して続けることが望ましいといえます。家庭で生活する女性であれば、自分らしい時間を大切にする、働く女性では、男性をフォローするなどを意識してみてください。