冷え性にならない体づくり

冷え性にならない体づくり

 

冷え性は、便秘や肩こりなどの原因になるほか、バストアップの阻害につながるので注意してください。普段の生活で意識して冷え性にならない体づくりをすることで、生活全般に潤いを持たせることも出来ますし、生活の負担を少なくすることができます。意識して生活のリズムを整えるように配慮するとよいでしょう。冷え性にならない方法としては次の通りです。

 

1、食生活に注意する
不規則な食事や、食べ過ぎは冷え性の原因になります。食事で胃腸が弱ってしまい、末端まで血液がいかないなどの症状が見られます。

 

2、食べ物を選ぶときに工夫を
冷たいものを取り過ぎると冷え性の原因になります。食事はなるべく温かいものを選び、冷え性になることを防ぐように心がけてください。

 

3、首と下腹を温める工夫を
夏のクーラーなどで冷え性になることは有名ですが、首や下腹を温めるような小物を用意するのが良いでしょう。冬はマフラー、夏はクーラーのきいたところではブランケットなどを用意して、負担を小さくします。

 

このように、生活習慣で意識して、体の負担を出来る限り小さくするようにすることが望ましい対策といえます。冷え性が女性ホルモンの分泌を妨げないように注意を払ってください。