女性ホルモンによってバストアップをしよう

女性ホルモンによってバストアップをしよう

 

現代の生活やストレスや不規則な仕事のサイクルなどによって、女性ホルモンの分泌が歪んでしまい、バストがしぼんでしまう、垂れてしまうという要因になってしまうことがあります。おっぱいの内部には、エストロゲンの分泌によって発達した乳腺がありますが、乳腺がしぼんでしまうと、バストのハリが無くなり、しぼんでしまう原因になってしまいます。
ハリのある胸を作るためには、母乳を分泌する乳腺組織と、その周囲の脂肪を適切に管理して、ハリのあるバストを作り出すことが大切です。血管、リンパ管、神経がバスト全体に張り巡らされているので、バストアップ体操を継続して行うことによって、女性ホルモンの分泌を良くする効果があります。
また、理想的な柔らかく、おわん形のはりのあるバストを作り出すためには、鎖骨から首にかけて走る胸鎖乳突筋、背中の筋肉、大胸筋、上腕筋が胸につながっていることを意識して、ストレッチなどを継続することによって、ハリのあるバストを作り出すようにします。
大切はことは「継続して毎日続けること」で、つい多忙になってしまいさぼりがちになってしまうと効果が半減してしまうので、意識して習慣の中に取り入れるようにしてください。