おっぱいと生理の関係

おっぱいと生理の関係

 

おっぱいと生理の関係は、特に若い女性ほど影響が顕著です。毎日の生活習慣で生理の時期を意識して、ハリのある胸を目指すようにしてください。女性は28日の周期で排卵が起きるので、おっぱいの状態に合わせて日々の習慣に対応できるようにしておくとよいでしょう。女性ホルモンの打ち、この排卵を促す物質が「エストロゲン」で乳腺を発達させるホルモンが「プロゲステイン」と呼ばれています。
 プロゲステインの分泌が多い、生理までの黄体期には、胸も大きくなるので、この時期にバストアップマッサージなどをすると、さらに効果を高めることができます。逆にこの時期に胸の発達の阻害になる、不規則な生活や食生活をすると、胸の発達の妨げになるので、注意してください。
 逆に、生理後はエストロゲンの分泌が多くなってしまうので、基礎体温は黄体期に比べて低くなり、胸も小さくなりがちです。もちろん、日々の生活ではほとんど意識できない部分ですが、人によっては顕著に症状が現れることもあるので、意識して生活習慣を改善するなど工夫を凝らすようにしてください。全体の生活のバランスでなるべく負担にならないように工夫すれば、自然と美しい胸に近づけるはずです。