チェストベリー

 

バストアップサプリメントで使用されている成分“チェストベリー”について学習したいと思います。

 

チェストベリー

 

英名:Chaste tree
和名:西洋ニンジンボク
学名:Vitex Agnus catus
南ヨーロッパ・アジア西部原産の植物です。
別名:チェストベリー、イタリアニンジンボクやセイヨウニンジンボクなどと呼ばれています。
原産地:南ヨーロッパから地中海沿岸,西アジア地域

 

クマズツズラ科ハマゴウ属のヨーロッパ南部に生息する落葉樹です。夏には薄青からピンク色、ライラック色などの可愛い花を咲かせる香がよいハーブです。
ヨーロッパでは、紀元前から女性のためのハーブとして愛用されています。

 

 

チェストベリー〜バストアップ効果

 

ヨーロッパでは紀元前から、現在ではドイツでも月経周期異常や黄体機能不全,乳房痛や下腹部の痛み、さらにはニキビの医薬治療薬として認可がなされています。
チェストベリーは、プロゲステロンの分泌を調整する作用がある「黄体形成ホルモン」とも呼ばれており、ホルモン中枢の脳下垂体に作用してくれます。
チェストベリーは黄体ホルモンのプロゲステロンの補給効果が高く、不妊、月経前症候群や月経異常各症状のを緩和などにもとても有効と言われています。

 

 

◆チェストベリー〜効果的な摂取方法

 

プロゲステロンの分泌量が多い、排卵〜生理日までの期間にチェストベリーが配合されているバストアップさぷりめんとを摂取することで、乳腺の発達を促してくれるので、バストアップとして効果が期待できる成分です。
ただし、妊娠している方や授乳をしている方は摂取を控えられることをおすすめします。

 

 

◆チェストベリーが配合されている人気バストアップサプリメント

 

・グラマー
・プレミアムGミラクルバストミルク