バストサイズ

バストサイズは人それぞれですが、
バストが小さい人には小さい人なりの悩みが、
バストが大きい人には大きい人なりの悩みがあります。
大きさや形、位置やバランスなど理想とするバストも
人それぞれではないでしょうか。
ここでは理想のバストとはどんなものなのかお話していきます。

 

【位置】バストのトップが、肩と肘の真ん中に位置していること。
【バランス】首の下、鎖骨のへこんだあたりから1cm下の位置と
      両胸のトップで正三角形を形作っていること。
【形】お椀形をしていること。

 

バストの大きい小さいにかかわらず、美バストを作ることは
女性を輝かせる材料にもなります。

 

理想は、シェイプアップしつつ、メリハリのついたボディや
お肌のハリ・ツヤをアップさせ、それにともなって健康な
美胸をキープすることです。

 

効果的にエクササイズすることで、新陳代謝がよくなり、
肩こりや疲労とストレスの解消、快眠など生活のリズムが
整ってきます。
さらに疲れにくい身体を作ることができます。

 

理想的なバストアップは、お腹や背中、二の腕のぜい肉をバストに
移動し、バストは豊かにムダなぜい肉はすっきりさせることです。
ポイントは女性の脂肪は移動できるという点です。
こうした理想のスタイルはほんの少しの努力で手に入れることができます。

 

まずはなりたいバストのイメージを描くことです。
例えば理想の女優やタレントさんおプロポーションなどの実在する人物
を具体的に思い描いてみましょう。

 

次に基本的なことは大胸筋のストレッチです。
バストのふくらみはほとんどが脂肪でそれを支えているのが大胸筋です。
ストレッチによって大胸筋を鍛え、乳腺の発達した女性らしい
体型になるのにかかせない女性ホルモンを活性化させていきましょう。

 

この大胸筋ストレッチは、歳に関係なくいつでも実践していただけます。
授乳後のお母さんで、授乳のせいでバストの形が崩れてしまったと
お嘆きの方でも大丈夫。
土台となる筋肉を再び作って、流れてしまった脂肪をマッサージしながら
腕やわき、お腹から移動させれば、元の体形を取り戻すことができます。

 

大切なのはバストアップしたいという意欲を持って取り組むこと。
そして、頑張ったと思ったら自分を誉めてあげることです。
また、恋人やパートナーに「きれいになる!」と宣言することによっても
効果はアップするのです。
美しくなった自分の姿を思い描きながらバストアップしていきましょう。